Web制作の苦悩

みなさんが普段ウェブ上で見ているサイトやページ。これら制作し、WWW(ワールドワイドウェブ)を影から支え、その健全性を保っているのがウェブデザイナーと呼ばれる人たちです。こう書くと一部の高度な技術をもった人々のことのように思えますが、あなたが自前のブログやウェブサイト(ホームページ)を運営しているのなら、ホームページ制作 仙台こちらそれは立派なウェブ製作者の一人というわけです。
新規サイトが素早く立ち上げられるWindows Azure Webサイト - @IT

近頃、そんなウェブ製作者の方々の苦悩を良く耳にします。それらの多くはウェブサイトの制作に関わる事柄です。

近年、CSS(スタイルシート)とHTMLが分化した役目を担うようになり、その傾向がさらに加速する(推奨される)につれ、ホームページ制作ソフトも対応し始めて、「ウェブ標準」と呼ばれる「ウェブ関連の統一規格(みたいなもの)」が徐々に浸透しはじめました。

実はその昔、自前のウェブブラウザにシェアを獲得させるため行われた企業間の競争は、そのまま各ブラウザによるHTMLの独自規格化を促進してしまい、多くのウェブデザイナーはそれに従って、単一のブラウザに適合したホームページを作成していました。その後マイクロソフトのInternet Explorer(IE)がシェアの大部分を占めますが、独占を果たしたIEはセキュリティやウェブ標準の点で長く停滞しまい、FirefoxやOperaなどのブラウザの台頭を許す結果となってしまったのです。

そもそもサーバー側とクライアント側の両方に準拠するプログラミングが必要なウェブサイトは、それを閲覧するブラウザが多様であればその分だけ対応に苦慮します。携帯電話に続き、スマートフォンが普及した現在は当然のこと、ウェブ標準により厳格化した規格が、それまで「だましだまし」対応させてきた事案を対応不能にしつつあるのです。

多くのブラウザが切磋琢磨することもウェブ規格が統一されることも、健全なことには違いありませんが、反面大きな弊害があることも否めないというわけです。
第65回 [図解]Webサイト構築プロジェクト・ワークフロー - ITpro

知りたい情報を提供してくれて、買い物が出来て、好きな芸能人のつぶやきや楽しい動画が見られて、商売が出来て、自分の作品を発表できて、世界中の人と同じ時間を共有できて、しかもそれが手軽に実現できる。

少し前まで誰にも想像が出来なかったような世界が、ホームページ制作 仙台ここ今、私たちの手が届く範囲に存在しています。今後も大きな発展を遂げていくに違いないWWWの世界において、発生するであろう数々の諸問題を解決していくのは、やはり人間の知恵ということになるのでしょう。